皆様がお通夜やお葬儀にご参列された際、「お焼香はどうすれば…?」と困ってしまった事はありませんか?

 仏教葬儀においては、「焼香」が一般的です。キリスト教(カトリック教会やルーテル教会のなかで、焼香が認められている所もあります)・無宗教葬は基本的には「献花(生花)」神葬祭では「玉串」を用います。

 【 仏教葬儀において 】
 焼香の作法というのは、お葬儀をされるご葬家のご宗派で行います。従って、「前回参列したお葬儀は、お焼香は3回だったのに、今回は1回…なぜ?」と疑問に感じられた経験をお持ちの方も多いようです。

 それでは、今回は、主な仏教宗派の焼香の仕方を簡潔に書いてみたいとおもいます。

<真言宗>  3回(戒香(かいこう)・定香(じょうこう)・解脱香(げだつこう):自らが戒律を保ち、心の静寂を求める功徳がある

<日蓮宗>  3回(仏・法・僧の三宝供養)

<浄土宗>  1回〜3回。特に定めがない。(「真心をこめて1回」「身を静め1回、心を清めるために1回で2回」「仏・法・僧へ帰依で3回・過去・現在・未来の衆生(しゅじょう)に回向(えこう)で3回」)

<天台宗>  特に定めがない
<臨済宗>  回数にこだわらないが、基本的に1回
<曹洞宗>  回数にこだわらないが、基本的に2回

※上記の宗派は香を額に戴く


<浄土真宗> 本願寺派(西) 1回 /大谷派(東) 2回
自分の身を清めるために行うもので、香は額に戴かない(線香を用いる場合は、立てないで横にする)

【 焼香について 】
 焼香については、参列されたご葬家の宗派の作法に合わせる場合と、ご自分の宗派の作法に合わせる場合があります。これは、信教の自由に成り立っている事となります。
 例えば、浄土真宗のお葬儀に参列された場合に、ご自分の宗派がキリスト教であるならば、お焼香をせずに黙祷を捧げたしても、ご葬家に対して、失礼にはあたりません。

 参列されたご葬家の宗派に合わせる事も、ご自分の信じる宗派に合わせる事も、共に宗派への尊重であるという事だとおもいます。


 人が亡くなることによって、こんな慣習があったのか…と初めて知った。という方がいらっしゃるのではないでしょうか。これは、その土地によって、また、言い伝えによってなど、様々な形態を起源としています。ですから、普段自分が、当たり前だと思っている風習が、実は、全然知られていなかった…などということは、割とよくある事のようです。また、現在においてその慣習はあてはまるのだろうか、とお考えの方もいらっしゃるようです。


 ここでは、代表的なものをいくつかご紹介したいと思います。但し、宗派の違いはもとより、以下の慣習自体が無い所がある事や、呼び方が同じであってもその内容が違う事、様式が違う事も考えられますので、ご参考程度…として考えていただけたらとおもいます。

 

 <守り刀> 

 ご遺体の枕元か、体の上に置きます。

これは、魔除けや、鎮魂の為。故人の魂が、死霊に持ち去られるのを防ぐため、または封込める為といわれています。故人が武士である場合に枕元に刀を置いた名残であるという説もあります。ただし、刀を体におく場合、刃先を顔の方向にする、足の方向にする、縦に置く、横に置く、という事は地方によって違うようです。また、浄土真宗系ではこの習慣はありません。


<逆さ屏風>  

ご遺体の周囲に屏風を逆さにして立て、ご遺体の周りにめぐらせます。

これは、死後の世界が生の世界とは逆であるという考え方を基に上下逆にするのです。また、屏風をめぐらせるのは、故人を悪霊から守る意味と、それとは逆に、死の穢れが周りの人々に及ばない様にといった相反する意味があります。


※古事記には、死の世界は恐ろしく、生きている者を死の世界へ引きずり込む力をもっているという考え方が出ています。死は穢れ(けがれ)ており、死霊は恐ろしいものされています。しかし、古代においては、死者を大切にする考えと、死を穢れているとし、恐怖の対象とする考えといった矛盾した観念が併存しています。


<魂呼び(たまよび)>

 人が亡くなったと思われたとき、その人の枕元で名前を呼ぶ事です。

枕元以外に、屋根の上や、井戸・海に向かって呼ぶ事もあります。亡くなる事は、魂が体から離れる事とされていましたから、体から抜け出てしまった霊魂を呼び戻し、生き返って欲しいという願いが込められていました。

 


 他にも、<ご出棺時に玄関ではなく、窓や縁側から出る> <生前使っていた茶碗を割る> <耳塞ぎ> <年違え> <逆縁の場合、親は火葬場に行かない>など様々な慣習があります。



例えば、うちの母は「風邪を引いたら塩を煎ってサラシでくるんで首に巻くと治る!」と言いまして、私は「どういう根拠よ…」と思いながら、しぶしぶ従います。母いわく、「理由はないけど、私のお母さんもばあちゃんも皆そうしてきたし、それで絶対治る。病院に行くより治る。」と自信満々です。そして、ネットで調べると、なんと古くからのパキスタンの民間療法だという事がわかり、ある意味完敗ですが、たまたまでしょ…という気持ちも否めませんので、次回は言う事を聞かないかもしれません。


つまり、「昔からの決まり」を大切にすることも一つ。それを覆すことも一つ。


ただ、先人の知恵は、叡智の結集です。どんな慣習も、たとえそれが「習俗」だといわれても、人は大切な人を守るために、きっと都合の良い慣習を作ったのだと思います。やはり、言い伝えられる事の多くは、人への思いやりから発生した形の一つなのだと感じます。

ですから、慣習に対し、色々と考える事もありますが、まず、言い伝えられてきた事に敬意を、そしてそれを信じる人の心を大事に思っていただけたらと思います。


慣習は人の想いの生せる技だとおもうのです。

「お通夜の時は、お線香はずっと焚いておかないといけないんだよ。」


とてもとてもよくお聞きする言葉です。


…ところで、お線香を焚くという事はどういう意味なのでしょうか。


一説には、そのけむりが穢れ(けがれ)を祓う、身を清めるなどと言われています(消臭効果も兼ねていると聞いたこともあります)が、基本的にこれは、慣習です。以前は、死は穢れであり、恐ろしいものである事とされていて、その穢れを受けないように…という意味合いが強かったようです。


しかし、例えば、以前は、お葬式の後にご自宅に帰られると塩をまくのが当たり前だった慣習が、「亡くなったのは、自分の大切な家族(友人・知人)なのに、塩をまいたりする必要がどこにあるのだろうか。」という考え方になり、今や、会葬礼状や会葬品とともに入っていた「塩」は、ほとんど見る事がなくなった事を考えると、「身を清めるため」のお線香であるなら、一晩中絶やさずにいる…という必要はないのかもしれませんね。


ただ、私達、葬祭者が思うのは、亡くなった方と過ごす日は、今日が最後なのだという事を忘れないでいただきたいのです。心はいつも共にある事は分かっています。でも、その肉体をご家族の目で見る事ができ、触れる事ができるのは、この夜が最後なのです。ですから、どうか、お線香を焚く事にとらわれず、時間をみつけて、亡くなった方に話しかけてください。


「昔はああだったね、こうだったね、よく喧嘩したね、でも大好きだ」などと語りかけてください。色々な事情があり、もしも…たとえ…大嫌い、としか言葉がでないとしても、どうかどんな言葉でも交わしてください。

亡くなった方が、ご自分の死を通して、ご家族やお身内を集めてくださった大切な機会だと思うのです。


ご家族は、例えば、看病であったり、これまで大変なご苦労をされてきたと思います。体も心も疲れ果てていらっしゃるでしょう。ゆっくりと休んでいただきたいと本当に思っています。


ただ、もう一晩だけ、頑張っていただきたいのです。

 通夜は「夜を通す」と書きます。


 この慣習は、実は今から1300年以上前の、「古事記」や「日本書紀」の時代までさかのぼる事になります。

この時代には、人が亡くなるとすぐに埋葬したりせず、「喪屋(もや)」と呼ばれるご遺体をご安置する小屋のような物がそのつど作られ、長い場合には白骨化に至るまで、故人の死を悼み、食事を供え、喪屋の掃除を行い、故人の霊を慰める為に歌い踊る…といった鎮魂の儀式を行っていました。なんと、お花を供えていた跡も残っています。


現代のように、「亡くなった事」が医師により判定されない時代においては、

人間が亡くなったという事実を人々が納得するのには時間がかかりました。


よって、亡くなったと思われても、「生きている人と同様に接す事」を、

期間をかけて行いながら、各々がその人の「死」を認識し、その後に埋葬さ

れたのです。これを、「もがり」と呼びます。


「通夜」とはこの「もがり」の延長上であり、遺習であるといわれています。


 現在も、通夜は「夜伽(よとぎ)」とも呼ばれ、夜を徹して故人を見守ることとされています。

 

 県内には、様々な斎場があり、お葬式の看板を目にする方も多いと思います。
では、そもそもお葬式というものは、一体誰の為にあるのでしょうか?

 A,故人様の為です。

 こう書くと、当たり前よね!と思われる方もいらっしゃると思いますが、実際は、お身内が亡くなったという事実を目の当たりにして、何も考えられなくなってしまわれるケースが大半を占めるのではないでしょうか。
お葬式の基本は、今日まで生きてこられた故人様に対し、敬意をはらい、感謝する事。良い事も悪い事も人生にはあります。しかしその全てが「その方自身」であり、だからこそ唯一かけがえのない存在だと思うのです。
ですから、その方の「こうやって生きてきた。」というものは、ご縁のあった方々(通夜・葬儀に参列される方々)に、改めて知っていただくと良いのではないかと思います。
それがより実感を伴うものである程、それぞれの心に刻まれ、故人様は永遠に生きていく事になるのですから。

 ただ、そういった葬儀には、ご家族とのヒアリングが不可欠です。例えば、お花も「何色が好き」「コスモスが好き」など、具体的なご要望があれば言って頂くとか、故人様の人生について、詳しく教えて頂くとか、多少時間をかけたとしても、ゆっくり考え、話し合って、葬儀の方針を決めていきたいものです。
 
 また、故人様の宗教とお家の宗教が違うという場合。お家には代々からの菩提寺があり、ご親戚も皆様同じ檀家として受け継がれている。この方だけをほかの宗派では送れない。…最近このようなお悩みをよくお聞きするようになりました。どの方も本当に悩まれますが、どうしても答えが出ないというのが実状のようです。
この場合、故人様が拠り所とした宗教で葬儀を執り行えるのであれば、それが一番だと思います。
なぜなら、故人様自身が信心していたという事実や、その宗教を通じてのお友達やコミュニティーがあったとしたら、それは故人様にとって大切なものだと思うからです。

 しかし、ご家族・ご親族様が代々のお家の宗教を大切にしたいというお気持ちも正しいと思います。
仏壇やお墓の問題、場合によってはご親族様同士の心の問題が生じる場合もありますから、どちらが正しいかは、簡単に決められるものではありません。
しいて言うのならば、「どちらも正しい」のだと思います。
ただ、私たちは、そんな中にあっても、なるべく故人様やご家族さまのご意思、ご希望に添えるよう、柔軟かつ適切なアドバイスをさせて頂きたいと、常々心がけて業務にあたっています。
[ 1 ]      5件中 1-5件