皆様がお通夜やお葬儀にご参列された際、「お焼香はどうすれば…?」と困ってしまった事はありませんか?

 仏教葬儀においては、「焼香」が一般的です。キリスト教(カトリック教会やルーテル教会のなかで、焼香が認められている所もあります)・無宗教葬は基本的には「献花(生花)」神葬祭では「玉串」を用います。

 【 仏教葬儀において 】
 焼香の作法というのは、お葬儀をされるご葬家のご宗派で行います。従って、「前回参列したお葬儀は、お焼香は3回だったのに、今回は1回…なぜ?」と疑問に感じられた経験をお持ちの方も多いようです。

 それでは、今回は、主な仏教宗派の焼香の仕方を簡潔に書いてみたいとおもいます。

<真言宗>  3回(戒香(かいこう)・定香(じょうこう)・解脱香(げだつこう):自らが戒律を保ち、心の静寂を求める功徳がある

<日蓮宗>  3回(仏・法・僧の三宝供養)

<浄土宗>  1回〜3回。特に定めがない。(「真心をこめて1回」「身を静め1回、心を清めるために1回で2回」「仏・法・僧へ帰依で3回・過去・現在・未来の衆生(しゅじょう)に回向(えこう)で3回」)

<天台宗>  特に定めがない
<臨済宗>  回数にこだわらないが、基本的に1回
<曹洞宗>  回数にこだわらないが、基本的に2回

※上記の宗派は香を額に戴く


<浄土真宗> 本願寺派(西) 1回 /大谷派(東) 2回
自分の身を清めるために行うもので、香は額に戴かない(線香を用いる場合は、立てないで横にする)

【 焼香について 】
 焼香については、参列されたご葬家の宗派の作法に合わせる場合と、ご自分の宗派の作法に合わせる場合があります。これは、信教の自由に成り立っている事となります。
 例えば、浄土真宗のお葬儀に参列された場合に、ご自分の宗派がキリスト教であるならば、お焼香をせずに黙祷を捧げたしても、ご葬家に対して、失礼にはあたりません。

 参列されたご葬家の宗派に合わせる事も、ご自分の信じる宗派に合わせる事も、共に宗派への尊重であるという事だとおもいます。


コメント(1件)
1   焼香
とても、役立ちました。
やまさん Mail 2010年04月17日 04時48分04秒     

 

■コメントを書く
タイトル
本文
お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
削除パスワード
コメントを削除する際に必要になります。
認証キー 下の画像に表示されている数字を半角でご記入下さい。
(画像は毎回変わります)