新着順 / 登録順      新規投稿
[ 1 2  次へ ]      7件中 1-5件
◆熊本市東部公民館自主講座自治会会則
熊本市東部公民館自主講座自治会会則

第1章  総  則
第1条 本会は東部公民館自主講座自治会と称し事務所を東部公民館に置く。
第2条 本会は東部公民館の自主講座生をもって構成する。
第3条 本会は東部公民館の運営方針にそって、自主活動を進めながら会員相互の親睦と連帯の輪をさらに広げ、
教養、健康及び社会性の向上を図ることを目的とする。
第4条 本会は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。
(1) 発表会、館外研修、ボランティア等に関すること。
(2) 公民館の全体行事(講演会等)及び公共的行事への協力、参加に関すること。
(3) その他、目的達成に必要な事業に関すること。

第2章  組  織
 第5条 本会に次の役員を置く。(任務)
(1) 会 長1名  (本会を代表して会を総括する)
(2) 副会長1~2名(会長を補佐し会長に事故あるときは、その職務を代行する)
(3) 幹事(総務担当)数名(書記・会計等総務業務を実施する)
(4) 幹事(企画担当)数名(各担任事業を企画し、実施する)
 第6条 役員の選出は、代表者会において自主講座生の中から推薦または選挙により下記の要領で行なう。
(1) 年度末の代表者会議(総会)において次年度の役員を選出する
(2) 選出された次年度役員の互選により役職(案)を作成する
(3) 次年度の第1回代表者会議(総会)において役員(役職を含む)を審議・決定する
 第7条 役員の任期は次の通りとする。
(1) 役員の任期は1年とする、但し再任は妨げないが任期継続は5年までとする。やむをえず再継続が必要な場合は
会長が役員を委嘱する。再継続期間は5年とし、その間出来るだけ速やかに後継者を選定する。
(2) 役員の職務は、次期役員が決まるまでは前任者が代行する。
 第8条 会計監査は、自主講座生の中から2名を選出し、会計事務を監査する。 任期は1年とする、但し再任は妨げない。

第3章  会  議
 第9条 会議は、役員会、代表者会及びその他必要に応じた会議とし会長が招集する。
 第10条 代表者会は全ての事項の決定機関とする。
 第11条 本会の会議は、全て有資格者の過半数の出席にて成立し、出席者の過半数を持って決定する。

第4章  会  計
 第12条 会計は次の通りとする。
(1) 本会の経費は、会費その他の収入をもって当てる。
(2) 会費は1名につき1000円とし、10月以降の場合は500円とする。
但し、受講者の都合で開講式以降に退会した場合には返金しない。
(3) 会計業務については各講座代表に一部担任を委嘱する。
(4) 会計年度は、4月1日に始まり、翌年3月31日に終了する
(5) 会計は、年1回以上の監査を受けるものとする

第5章  そ の 他
 第13条 本会に、顧問及び相談役を置くことができる。
   (1) 顧問
       顧問は公民館職員とし、会議に出席して意見を述べることができる。
   (2) 相談役
    ア 会長は必要に応じ役員経験者の適任の方を選定し、相談役を委嘱する。
    イ 相談役は業務の引継・実施を円滑に行うため適時適切な助言を行うと共に、会議等において意見を述べ自治会事業の
継続に寄与する。
    ウ 任期は1年とする。但し再任を妨げないが任期継続は3年までとする。
 第14条 本会会則の改正は、代表者会で検討し決定する。
 (付 則)
     平成24年 1月15日一部改正 平成24年 4月 1日施行 平成26年 3月16日一部改正 平成26年 4月 1日施行
平成28年 3月 6日一部改正 平成28年 4月 1日施行 平成30年10月 7日一部改正 平成30年11月1日施行
熊本市東部公民館自治会 2018年12月16日 17時11分32秒     
平成31年度(令和元年度) 第1回代表者会議議事録
平成31年度(令和元年度) 第1回代表者会議議事録
〇 期 日 平成31年4月21日(日)午前10時開催
〇 会 場 東部公民館2Fホール
〇 対象者 各講座代表者、自治会役員、公民館職員3名

  定刻、山下副会長が開会を宣し、続けて新上会長が次の通り挨拶した。
  今年度はまだ新役員が決まっていないので旧自治会長として挨拶を申し上げたい。今年度は元号が令和に変わる年で、第1回の会議の内容は事業計画(案)、予算(案)そして役員選出である。それぞれ重要な案件なので慎重審議をお願いしたい。
  次に藤川館長が次の通り挨拶した。
  会長から話があったように今年は元号が平成から令和に変わる。4月に東部公民館に赴任したばかりで仕事の内容はまだわからない事が多々あるが気持ちを新たに頑張りたい。皆様のご協力をよろしくお願いしたい。   
その後、山下副会長を議長に選出し議事に入った。
〇 議 事 
1. 平成31年度(令和元年度)事業計画(案)
新上会長が別紙資料(1ページ~2ページ)に基づき説明した。
今年度は講師の交代2講座、新規開設講座3講座を含めて計81講座となった。今年度は3年越しに年度当初から公民館の全施設を使用し本格的に講座運営が実施され、再出発の年とも言える。公民館・各講座・自治会間の連携・情報の共有に留意し講座生と共に歩んで行きたい。事業内容は昨年とほぼ同じであるが昨年度に引き続き自治会運営の見直し・改善を図りつつ、活動を実施したい。
以下、平成31年度事業の概要を説明し、議長よりこの件について質疑を諮ったところ、全員異議なく承認した。
2.平成31年度(令和元年度)予算(案)
  新上会長が別紙資料(3ページ)に基づき説明した。
  この中で31年度予算案の収入の部および支出の部の項目ごとに金額を読み上げた。
  続けて予算編成においては、掲示板の追加購入経費を計上した旨付言。
  議長よりこの件について質疑を諮ったところ、全員異議なく承認した。 
3.平成31年度(令和元年度)役員選出(案)・会計監査役選出(案)
  新上会長が別紙資料(4ページ)に基づき説明した。
  役員は2人が退任し、新たに2人が就任、重任7人による9人の執行部体制となった。また会計監査役は重任2人となる。 来年度は在任期間の永い役員が数人いるので、代わりを考えてほしいと要請した。
  議長よりこの件について質疑を諮ったところ、全員異議なく承認した。
  その後、新旧役員がそれぞれ挨拶した。
4.講座代表の役目(任務)について
  新上会長が別紙資料(5ページ)に基づき説明した。
   その中で講座代表者の役目については既にいろいろな機会を捉えて知らせているが、初めての人もおられるので、講座代表の仕事がスムーズに実施されるよう敢えて説明させて頂きたいと前置きして講座代表者の役目について詳細に説明した。
 5.その他
   新上会長が次の通り説明した。
   (イ)自治会会則は「ふれあい」の巻末に掲載しているが、新しい代表者もおられるので、この会議の資料として添付した。一度よく見て頂きたい。
   (ロ) 自治会ホームページの検索は「ふれあい48号」の裏表紙に掲載している。関心のある方は検索してほしい。

〇 公民館からのお知らせと職員紹介
  深迫主事が別紙資料(6ページ~7ページ)に基づき説明した。
     (イ)自主講座運営について、「代表者の役目・講座回数・キャンセル繰り上がり・会計への伝言・講演会、清掃活動の参加」など詳細に説明した。
(ロ)来年度の自主講座開設申請書締め切りは、12月1日(日)です。9月29日(日)の代表者会議で説明し、用紙配布。    

以上をもって第1回代表者会議は11時10分に閉会した。
熊本市東部公民館自治会 2019年05月14日 17時19分51秒     
平成30年度 第5回代表者会議議事録
平成30年度 第5回代表者会議議事録
〇 期 日 平成31年3月3日(日)午前11時30分開催
〇 会 場 東部公民館2Fホール
〇 対象者 各講座代表者、自治会役員、公民館職員3名

  定刻、山下副会長が開会を宣し、続けて新上会長が次の通り挨拶した。
  学習発表会それに続く受講生募集と大きな事業が皆様方のご協力で無事に終わること
  が出来た。感謝申し上げたい。今日はロビーで引き続き募集の受付を実施している。
  会議は今年度最後の会議で1年間の締めくくりである。慎重審議をお願いしたい。
  次に村上館長が次の通り挨拶した。
  学習発表会それに受講生募集など初めての経験で貴重な体験だった。これらを来年度に
  活かして事業を進めて参りたい。皆様方のご協力をお願いしたい。
  その後、山下副会長を議長に選出し議事に入った。
〇 議 事 
1. 平成30年度事業報告
新上会長が別紙資料(1ページ~2ページ)に基づき説明した。
ホール改修に伴う公民館施設を利用する態勢に各講座ともスムーズに移行し、79講座を運営することが出来た。発表会を3年振りに再開することが出来た。公民館の支援と講座生の皆様の協力により各事業とも順調に進捗、初期の成果を収めることが出来、地震前の状況に戻すという今年度の目標を達成することが出来た。
以下、平成30年度事業の概要を報告し、議長よりこの件について質疑を諮ったところ、全員異議なく承認した。
2.平成30年度会計報告および会計監査報告
  新上会長が別紙資料(3ページ)に基づき説明した。
  この中で収入の部および支出の部の項目ごとに金額を読み上げた。続けて上島監査
  役が会計監査報告を行い、関係書類を監査した結果、いずれも正確かつ適正である
  事を認める旨の報告をした。
  議長よりこの件について質疑を諮ったところ、全員異議なく承認した。
3.平成31年度役員改選時の継続(信任)及び次期役員の推薦
  新上会長が別紙資料(4ページ)に基づき説明した。
  この中で役員の執行部体制は年度当初9人で出発したが、途中1人が健康理由で休
  務となり現在8人の執行部体制となった。年度末には4人が任期満了となり、2人が退任を希望しており役員が足りなくなるので4人には再継続をお願いした。任期途中が3人おり、別紙の通り新任2人を合わせると9人体制となる。新年度はこの体制で出発することになる。会計監査は重任。  
  議長よりこの件について質疑を諮ったところ、全員異議なく承認した。
〇公民館からのお知らせ
  深迫主事が別紙資料(5ページ)に基づき説明した。
1. 2019年度 開講式
①  期日:平成31年4月7日(日)10時~
②  場所:東部公民館2Fホール

2. 第1回代表者会議
①  期日:4月21日(日)午前10時~
②  場所:東部公民館2Fホール
    
3. 各講座の引き出し
新年度に向けて、口座番号の変更があるので空になっているか確認のこと。

  以上をもって第5回代表者会議は正午に閉会した。
 
熊本市東部公民館自治会 2019年05月14日 17時18分32秒     
平成30年度 第4回代表者会議議事録
平成30年度 第4回代表者会議議事録
〇 期 日 平成31年1月20日(日)午前10時開催
〇 会 場 東部公民館2Fホール
〇 対象者 各講座代表者、自治会役員、公民館職員3名

  定刻、山下副会長が開会を宣し、続けて新上会長が次の通り挨拶した。
  自主講座は館外研修旅行、ふれあい48号の発行等を皆様のご協力で無事に終えることが出来た。これから終盤にかけて発表会、入講受付等が控えている。これらを無事に乗り切るため、今後ともご協力をお願いしたい。
  次に村上館長が次の通り挨拶した。
  これから3年越しの発表会や閉講式それに来年度の受付等がスケジュールとして予定されている。これらを無事に終わらせるためには皆さんのご協力が是非とも必要である。
  よろしくお願いしたい。
  その後、山下副会長を議長に選出し議事に入った。
〇 議 事 
  1.日帰り館外研修旅行について
企画の宮本が別紙資料(1ページ)に基づき説明した。
今年の旅行はアンケートによると楽しかったと答えた人が全員だった。ただ参加者が少なかったのがどういう理由なのか今後の検討課題としたい。新上会長が次の通り付言。キャンセルが20名あったので、旅費の不足分は自治会から支出したい。来年度の企画に当たって熊本でラクビーやハンドボールの世界大会があるので、バスが足りないおそれがある。早めに対応したい。
2.文集「ふれあい48号」について
山下副会長が次の通り説明した。
「ふれあい48号」は講座生の皆様や公民館職員の方々それに自治会役員の協力により無事に発行出来た。協力に感謝申し上げたい。今年度はノーミスを目指してスタートしたが、結果として1件の入力ミスがあった。この事実を今後に活かしたい。新上会長が次の通り付言。「ふれあい」の中の自治会役員及び公民館職員の写真に名前を入れたが、印字が見えにくく分かりにくかった。以降改善したい。「ふれあい」の内容も地震前に戻したいので、講座生の皆様には良いアイデアを出して頂きたい。
3.自治会ホームページについて
  書記の徳留が別冊資料に基づき説明した。
  昨年度は「講座案内」記事を1年間公民館ロビー及びホームページに掲載し大変好評だった。新年度の講座生募集に当たり「講座案内」記事を最新の情報として提供したいので、記事を見直し・検討し最新の状況に更新・修正していただきたくお願いしたい。講座内容に変更があれば赤文字で記入して2月20日までに公民館事務室へ提出方お願いしたい。
  4.自主講座閉講式及び学習発表会について

    深迫主事が別紙資料(2ページ~4ページ)に基づき説明した。
    平成30年度自主講座閉講式 2月23日(土)10:00~
    平成30年度学習発表会 2月23日(土)~24日(日)詳細については別紙のとおり。
  5.2019年自主講座生受付について
    深迫主事が別紙資料(2ページ)に基づき説明した。
    受付日 3月2日(土)・初めての人~3日(日)・どなたでも。
    新規講座は4講座、3月受付講座は83講座。
  6.2019年度役員改選について
    新上会長が次の通り説明した。
    今年度の役員は9名で1名健康理由で休務のため実働部隊は8名である。もう少し人手が欲しいので、来年度は若干増やしたい。自薦他薦を問わず推薦をお願いしたい。
  7.その他
    企画の宮本が次の通り説明した。
    施設訪問は希望はあるもののインフルエンザの流行などで見合わせている。
    今年度も講座生の皆様の協力で一定の結果を上げることが出来た。  
〇 公民館からのお知らせ
   深迫主事が別紙資料(2ページ)に基づき説明した。
   内容は① 講座の終了について ② 2019年度 開講式について

以上をもって第4回代表者会議は午前11時に閉会した。

引き続き第1回学習発表会実行委員会を各部門ごとに開催した
熊本市東部公民館自治会 2019年05月14日 17時16分59秒     
平成30年度 第3回代表者会議議事録
平成30年度 第3回代表者会議議事録
〇 期日 平成30年10月7日(日)午前10時開催
〇 会場 東部公民館2Fホール
〇 対象者 各講座代表者、自治会役員、公民館職員3名

  定刻、山下副会長が開会を宣し、続けて新上会長が次の通り挨拶した。
  自主講座は後半に入った。館外研修旅行、ふれあい48号、発表会などの行事が続く。また、役員改選の件、旅行の参加者が少ない、会則の改正等が控えている。審議をよろしくお願いしたい。
  次に村上館長が次の通り挨拶した。
  自主講座開設申請書の提出をお願いしたい。提出に当たっては講師との打ち合わせを十分に行う事。また、相談事にはしっかり支援していきたい。
  その後、山下副会長を議長に選出し議事に入った。
〇 議 事 
  1.日帰り館外研修旅行について
企画の宮本が別紙資料(1ページ)に基づき説明した。
今回は参加者がかなり少ない。大河ドラマの影響で行った人が多いせいかもしれない。
11月17日(土)までのキャンセルは全額返済、18日及び19日のそれは返済しない。十分気を付けていただきたい。   
2.文集「ふれあい48号」について
山下副会長が別冊資料に基づき説明した。
ふれあい48号のサンプルが出来上がったので、各講座代表者の皆様に確認していただくために配布しました。自身の講座の記事の内容が正しいかどうかまた、写真が合っているか確認の上10月30日までに公民館事務室へ提出して頂きたい。
3.自治会ボランティア活動について
  企画の宮本が別紙資料(2ページ)に基づき説明した。
  夏の清掃活動は153名の参加があった。秋の清掃活動は10月28日(日)に予定されているので各講座より1~2名の参加をお願いしたい。
  その他、施設訪問の実績や今後の予定を説明し各講座の更なる協力を要請した。
  4.自治会会則の改正について
    新上会長が別紙資料(3ページ~5ページ)に基づき説明した。
    この度の会則の改正は前回の代表者会議で代表者から意見のあった役員選出の見直し、役員任期の見直し、相談役の役員兼任等を主な内容とするものである。慎重審議をお願いしたい。その結果改正案を一部修正の上承認された。
  5.その他
    新上会長が次の通り説明した。
    第4回代表者会議は平成31年1月20日。発表会の準備が中心になる。
〇 公民館からのお知らせ
   深迫主事が別紙資料(6ページ)に基づき説明した。
   内容は①自主講座開設申請書について ②さわやか講演会への参加お礼
   ③10月28日(日)の清掃活動への協力をお願いしたいぜん

以上をもって第3回代表者会議は午前11時50分に閉会した。
熊本市東部公民館自治会 2018年12月16日 17時00分09秒     
[ 1 2  次へ ]      7件中 1-5件