新着順 / 登録順      新規投稿
[ 1 ]      2件中 1-2件
平成30年度 第1回代表者会議議事録
 平成30年度 第1回代表者会議議事録
〇 期日 平成30年4月22日(日)午前10時開催
〇 会場 くまもと県民交流館パレア
〇 対象者 各講座代表者、自治会役員、公民館職員3名

  定刻、山下相談役が開会を宣し、続けて新上会長が次の通り挨拶した。
  代表者の皆さまは遠いところお集まりいただきご苦労様です。この会議も2回以降はホールが使えるので、公民館での開催となる。本日は事業計画、予算、役員選出等について審議をお願いするものである。ご協力をお願いしたい。
  次に村上館長が次の通り挨拶した。ホールの工事が5月には完了予定である。皆様には今まで大変不自由をおかけしましたが、その間のご協力に感謝申し上げたい。今年度は発表会・閉講式が実施出来る。引き続きご協力をお願いしたい。
  その後、山下相談役を議長に選出し議事に入った。

〇 議 事
1. 平成30年度事業計画(案)
新上会長が別紙資料(1ページ~2ページ)に基づき説明した。
この中で今年度は、各講座の改修終了前後のスムーズな移行と各事業、特に発表会を地震前の状況に戻すことを目標にして活動していきたいと強調した。
議長よりこの件について質疑を諮ったところ、全員異議なく承認した。
2. 平成30年度予算(案)
新上会長が別紙資料(3ページ)に基づき説明した。
この中で予算編成においては、29年度実績および地震前の実績を基準に30年度の予算を組み立てた。
議長よりこの件について質疑を諮ったところ、全員異議なく承認した。
3. 平成30年度役員選出・別途会計監査選出
新上会長が別紙資料(4ページ)に基づき説明した。
この中で役員は6人が退任し、新たに4人が就任、重任4人及び相談役新任2人による10人の執行部体制となる。また会計監査は2人が退任し、新任2人となる。
議長よりこの件について質疑を諮ったところ、全員異議なく承認した。
4. 新旧役員あいさつ
新上会長が新役員・旧役員に挨拶を指示しそれぞれが挨拶した。
会計監査についても指示通りそれぞれが挨拶した。
〇 公民館からのお知らせと職員紹介
  深迫主事が別紙資料(5ページ~7ページ)に基づき説明した。
  主な内容は自主講座運営について及び平成30年度東部公民館自治会事業計画につい
  て詳細に説明した。続けて出席職員を紹介した。

  この後、全体的な質疑応答の中で自主講座の運営に関して代表者から何か規約がある
 か質問があり、会長から文集「ふれあい」の巻末に会則を掲載していると回答したところ、初めての代表者はよくわからないので対策を取って欲しい旨要望があった。自治会としは今後いろいろ検討する事とした。

 以上をもって第1回代表者会議は午前11時に閉会した。
熊本市東部公民館自治会 2018年05月17日 09時05分25秒     
熊本市東部公民館自治会会則
熊本市東部公民館自治会会則

第1章  総  則
第1条 本会は東部公民館自治会と称し事務所を東部公民館に置く。
第2条 本会は東部公民館の自主講座生をもって構成する。
第3条 本会は東部公民館の運営方針にそって、自主活動を進めながら会員相互の親睦  と連帯の輪をさらに広げ、教養、健康及び社会性の向上を図ることを目的とする。
第4条 本会は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。
(1)発表会、館外研修、ボランティア等に関すること。
(2)公民館の全体行事(講演会等)及び公共的行事への協力、参加に関すること。
(3)その他、目的達成に必要な事業に関すること。

第2章  組  織
第5条 本会に次の役員を置く。(任務)
(1)会 長1名  (本会を代表して会を総括する)
(2)副会長1~2名(会長を補佐し会長に事故あるときは、その職務を代行する)
(3)幹事(総務担当)数名(書記・会計等総務業務を実施する)
(4)幹事(企画担当)数名(各担任事業を企画し、実施する)
 第6条 役員の選出は、代表者会において自主講座生の中から推薦または選挙により     選出する。
 第7条 役員の任期は次の通りとする。
(1)役員の任期は1年とする、但し再任は妨げないが任期継続は5年までとする。
(2)役員の職務は、次期役員が決まるまでは前任者が代行する。
第8条 監査は、自主講座生の中から2名を選出し、会計事務を監査する。
     任期は1年とする、但し再任は妨げない。

第3章  会  議
第9条 会議は、役員会、代表者会及びその他必要に応じた会議とし会長が招集する。
第10条 代表者会は全ての事項の決定機関とする。
第11条 本会の会議は、全て有資格者の過半数の出席にて成立し、出席者の過半数を持って決定する。
第4章  会  計
第12条 会計は次の通りとする。
(1)本会の経費は、会費その他の収入をもって当てる。
(2)会費は1名につき1000円とし、10月以降の場合は500円とする。
但し、受講者の都合で開講式以降に退会した場合には返金しない。
(3)会計年度は、4月1日に始まり、翌年3月31日に終了する
(4)会計は、年1回以上の監査を受けるものとする。


第5章  そ の 他
第13条 本会に、顧問及び相談役を置くことができる。
 (1) 顧問
    顧問は公民館職員とし、会議に出席して意見を述べることができる。
 (2) 相談役
    ア 会長は必要に応じ役員OBの適任の方を選定し、相談役を委嘱する。
    イ 相談役は業務の引継ぎ・実施を円滑に行うため適時適切な助言を行うと共      に、会議等において意見を述べ自治会事業の継続に寄与する。
    ウ 任期は1年とする。但し再任を妨げないが任期継続は3年までとする。
第14条 本会会則の改正は、代表者会で検討し決定する。
 (付 則)
     平成24年1月15日一部改正 平成24年4月1日施行
     平成25年3月10日一部改正 平成25年4月1日施行
     平成28年3月 6日一部改正 平成28年4月1日施行
熊本市東部公民館自治会 2016年01月18日 12時31分55秒     
[ 1 ]      2件中 1-2件