30 俳 画(平成31年4月現在)


【 定員:24名、 教室:A教室、 曜日:1・3水曜、 時間:午前 】



【講師名】 戸田 純一 講師 29 俳画 (16).JPG

 

 

【講師プロフィール】父東陰に師事日本工芸会正会員。熊本県美術家連盟会員。

          熊本県美術協会員。熊本県日本画協会会員。第52回日本伝統

          工芸展入選作品宮内庁買い上げ。

 

【講座内容】四季の風物を味わい深く筆で描きます。

      俳画とは、俳句が17文字と言葉で表現するのと同じく、少ない洗練

      され筆致で様々なものを表現する日本画です。

一本の筆で多様な表現をする俳画は、初めて絵を練習される方にも取

り組みやすく、又、描いていく程に奥の深さを感じられるものです。


【必要経費】 年間およそ10,000


 

【必要な物等】筆、硯、白い皿、和タオル、水入れ、色紙箋、顔彩。お持ちでない

       方は講師より購入可(およそ5,000)

 

【講座の現状】5月は鯉のぼり、藤の花、6月は山紫陽花、7月はコブシ氷苺、8

       は蓮の花丸ナスに茗芽を四季おりおりの画材を、まだ若い講師です

       が、丁寧にやさしく教えて下さいます。

 

【その他 部外活動等】 なし


 

【講座生の声】 母の遺したもの

 友人から一枚のはがきが届いた。

九十一歳で旅立った母の訃報に対する返信だった。文章に添えられていた、薄緑

色の寒蘭が悲しみを和らげてくれた。多趣味だった母が、八十歳代で通い始めた

絵手紙の講座。庭の花や野菜等をよく描いていた。

その道具が残っている。母のために空けていた水曜日がポッカリ空いてしまった。

そして友人のようにちょっと絵を添えられたらという思いが、俳画に繋がった。

 ほとんど絵心のない私にとって、思いと現実には、かなりギャップがある。

しかし、戸田先生のきめ細かいご指導と、講座生の方々との和気あいあいの時間は

楽しみである。いつの日か、便りに添えて絵が描ける日を夢見て頑張っている。

                              (緒方純愛)

29 俳画 (13).JPG