40 パッチワーク キルト(平成31年4月現在)


【 定員:24名、 教室:B教室、 曜日:2・4水曜、 時間:午前 】


 


【講師名】   内野 敏子 講師  38 パッチワーク キルト (2).JPG

 

 

【講師プロフィール】‘78 アンテックに出会って早35年、その日よりパッチワー

    クに専念。‘86 デパートで初めて講師をする。各地で作品展を開催。 91

    U-クレージーハウス設立。 カルチャーセンターでパッチワーク教室の講師就任。

  ‘93 公民館2ヶ所で活動を始める。 暮らしの中で使って楽しめるキルト作りを

    広めたいと日々活動しております。

 

【講座内容】1年目パッチワークの基礎を練習 巾着、パフバスケット、アイロンボー

            ド、ポーチ2年目暮らしに使える小物 手さげ、ソーイングBOX、クッ

            ション、TELカバー3年目 少しテクニックのいる作品バック、カテ

            ドラルウィード、ハワイアンキルトアプリケ



【必要経費】 


 

【必要な物等】ハサミ、パッチワーク用糸、ものさし、のり、B鉛筆、消しゴム、厚紙、

              はり、その他

 


【講座の現状】定員24名を超える以上の希望もあり、盛況。年代も30代~70代

             で様々。先生の定じされる作品をそれぞれ年数毎に作品を作る。皆様わ

             きあいあいで楽しく作品作りにはげんでいます。



【その他 部外活動等】 なし

 

【講座生の声】 一枚の布から

 一枚の布と布を一針ずつ縫い合わせていき、完成したポーチ、手提げなど見ると喜び

が沸きます。

受講生の皆さんと、わからない時はお互いに教えあい和やかに二時間過ごし、先生は

いつも優しくユーモラスに指導してくれます。今年二年目ですが、先生のように見事

な針さばきができるよう少しずつ上達し、そして自分のオリジナル作品を作れるよう

に目標を掲げています。

パッチワークは、デザインによって大きい物から小さい物まで作れる奥深い物です。

私にとって針を刺している時が、ひとときのやすらぎを感じます。(中村かし子)


38 パッチワーク キルト (4)-S.jpg