41 着付け 花のれん(平成31年4月現在)


【 定員:20名、 教室:和室、 曜日:1・3木曜、 時間:午後 】



【講師名】  沼 純子 講師 39 着付 花のれん (6)-S.jpg

 

 

【講師プロフィール】 着付け平成2年4月 熊本矢田着装研究所入門。

平成3年11月 1級着装講師資格取得。 平成14年11月 師範着装師資格取得。

平成4年度から平成23年度の間に約10年間、東部公民館「着付け 花のれん」

の助手を務める。平成24年度より東部公民館「着付け 花のれん」講師現在に至る。

平成20年2月 組紐 雅流組紐道 1級師範取得。


【講座内容】着物の着方とTPOに合わせた和服の基礎知識 普段着から礼服までの着方

            と帯結びを学びます。

 

【必要経費】 特にありません

 

【必要な物等】肌着、裾よけ、足袋、腰紐(8本)、帯枕、タオル(2~3枚)、伊達〆、

長じゅばん、洗える着物等(練習用)、名古屋帯、帯あげ、帯〆、帯板、

洗濯バサミ(講座2日目にさらしの伊達〆や腰座布団等を作ります)

 

【講座の現状】着物仲間と一緒に、着物をひとりで着れるよろこびを楽しく熱心に学ば

              れています。

              日本文化の素晴らしさに触れて皆さん笑顔いっぱいの楽しい講座です。

 

【その他 部外活動等】

 

 

【講座生の声】 花のれんを受講して


 私の祖母は和裁師だったので、実家には祖母が縫った着物が沢山ありました。数年前、

姉と形見分けしたものの、着物を着る機会もなく、そのままタンスの肥やしとして眠った

ままでした。

  趣味で沖縄の伝統楽器である三線を習っている為、琉装をする機会はあっても祖母が

残した着物は眠ったまま。モヤモヤしていた私は、花のれんを受講する事に決めました。

  着物の事など何ひとつわからない私に、先生方はとても優しく丁寧に教えてくださり、

何年か通っていらっしゃる先輩の皆様も気さくに声を掛けてくださいます。

笑い声も聞こえるこの和やかな時間が、私の楽しみになりました。

着付けも少しずつ慣れてきて受講して本当に良かったと思っています。(松村睦子)


39 着付 花のれん (3)-S.jpg