07 古文書入門(平成31年4月現在)


【 定員:24名、 教室:B教室、 曜日:1・3水曜、 時間:午前 】


【講師名】 安髙(やすたか) (ひろ)(あき) 講師 07古文書入門 (8).JPG

 

  


【講師プロフィール】1978年長崎県生まれ。熊本大学大学院人文社会科学研

          部准教授。博士(史学)博士(国際文化)

                    主な著書に『踏み絵を踏んだキリシタン』、『トピックで読

          み解く日本近代史』、『浦上四番崩れ』、『新釈犯科帳』

          (全三巻)、『近世長崎司法制度  の研究』他。


          著書『熊本藩法と犯罪史』今講座では、熊本藩の「刑法草書」

          をテキストに読んでいます。

 


【講座内容】古文書初心者のための読み方指導

 

 

【必要経費】半期5,000円程度

 


【必要な物等】ノ-ト、筆記用具

 


【講座の現状】24名の受講生が、和気あいあいと楽しく学習しています。

 


【その他 部外活動等】なし

 


【講座生の声】   古文書を習って


 古文書を習い始め二年目、初めは何と書いてあって、何と読むのだろう、私は

皆とついていけるかと、心配したものでした。でも先生が黒板に説明、解読、文

書にレ点一二とか書いてくださって、とても読みやすくなり、どういう意味なの

かを説明して下さいますので、私も少し分かるようになりました今、「踏絵、又

は絵踏」を習っているところです。

 先生が本を3冊出していらっしゃるので私も3冊買おうと思います。

電車、バスの中でも読んでいます。文書や文章もどんどんむずかしくなっている

ようですが、がんばって古文書を読み続けたいと思います。

 古文書が、今楽しくてなりません。皆様の意見を聞いて、よく指導してくれる

先生だと私は思います。(荒牧裕子)


07古文書入門 (7)-S.jpg