02 (高)民謡 令和2年度


 定員:36名、 教室:A教室、 曜日:1・3火曜、 時間:午前 】


【講師名】 宮本 裕晶 講師 02高齢者講師



【講師プロフィール】・日本民謡協会三味線師範教授・日本民謡真田流教授

・日本民謡協会少年少女民謡民舞指導員


【講座内容】講師の三味線により、発声練習から始まります。


  先ずは大きな声が出るように、発声練習から始まります。講座は全員合唱が基本です。


 講座生が所持している民謡全集の中から講座生のリクエストを募り、その中から、1

 回の講座で6曲程度歌います。初めての曲には時間をかけ、細かい処まで丁寧に教え

 てくださいます。


 講座ではずっと歌い続けるというのではなく、歌の合間に講師世間話、苦労話などあ

 り、和やかな雰囲気で進行して行きます。

 


【必要経費】令和元年度の受講料は18回の講座で1人当たり年間約7千円程度です。

 新規入講者は別途テキスト代として千円程度必要です。


 

【必要な物等】特にありません。必要な物が生じたら、その都度代表より配布されます。



【講座の現状】令和元年4月現在の在籍講座生は女性15名、男性7名、計22名です。


  

【その他 部外活動等】特になし 


    

【講座生の声】 心豊かに「高齢者民謡」


 三年振りに公民館の講座に復帰しました。講師の宮本先生の講座は初めての参加で

すが、先生の三味線の音に合わせ県内の初めて聴く民謡や、全国各地の有名な民謡、

受講生のリクエストに合わせた民謡など勉強させていただいております。

 日頃なかなか聞けない三味の音は響きも良く、また受講生一同で合唱するので気楽

楽しく歌えます。

  二時間の授業中、休憩をはさみ受講生同士初めて会った人、他の講座で顔見知りの

などそれぞれですが、年を重ね生活にゆとりある時間を共有し、活力に満ちた大変

実したひとときを過ごせることに感謝しながら、今日も皆さんと仲良く楽しく口ず

んでおります。(秋山雄介)


02高齢者民謡講座