【 定員:20名、 教室:C室、 曜日:1,3木、 時間:夜 】


S-19-書・木せい会 (3)(縮小123×123)








 吉鶴 望雲 講師


 


【講師プロフィール】書道研究 望雲社主宰東部公民館、秋津公民館、で講座担当、65歳



 


 

【講座内容】楷書、行書、近代詩文等の初歩的な事を教えます。


 


 


【必要経費】月1,500円  3ヶ月ごとに4,500円ずつ集めます。


 


【必要な物等】墨筆紙下敷等


 


【講座の現状】生徒は20名以内ですので、先生が手を取って教えてくださることもあります。


 


【その他 部外活動等】 なし


 


【講座生の声より】 書と向きあえる時間


 書道を最後に行ったのは、二十年前の学生時代。毎日の日常と子育てに追われる生活の中で筆を持ち机に向かう時間がなくもう一度書道を始めたいと思った矢先に自主講座の案内が目に止まりました。


日常の仕事、子育てと「動」の時間ではなく「静」の時間である書道は、心穏やかになり自分の呼吸とタイミングで筆を動かすことができます。二時間集中して自分の字と向き会える時間は、リフレッシュタイムとなり毎日に活気がでてきたような気がします。(野口美佳)


S-19-書・木せい会 (6)