22 かなと日常の書 令和2年度


【 定員:24名、 教室:A室、 曜日:1・3木、 時間:午後 】


【講師名】 鳥飼 正子 講師 22かなと日常の書講師

 

 

【講師プロフィール】文部科学省認定日本書写技能検定委員。日本書芸院一科審査委員。

                読売書法会幹事。熊本県書道連盟理事。熊本県文化懇話会会員。

                熊本県書道展会員。RKK学苑講師。熊本県立第一高等学校非常勤講師。

        元尚絅大学講師。

 


【講座内容】生活の中に生かす筆文字の学習

かなの書は、いろはの学習から始まり、俳句や和歌の散らし書き等の作品を作って

います。

日常の書は、儀礼の書等を練習し、日常生活に役立つ学習をしています。

 

 

【必要経費】年間約15,000円


 

【必要な物等】硯筆墨半紙下敷


 

【講座の現状】手本を先生に書いて頂き、各人の希望により、「かな」「日常書」の

   どちか, 又は両方を練習する。(213木曜日、午後130分~330


 

【その他 部外活動等】なし



【講座生の声より】自信を持てる様に


  字は日常的に使っているが、その書いた字を見ると自信がなく属にいえばヘタクソで

ある。少しでも勉強しなければと思いつつも今日に致っている。当公民館で、

「かなと日常の書」という講座があると聞き参加しました。


  必要な時にしか書かなった字を日常的に書き練習をするという事は大変有意義なこと

であり、講師の方からのアドバイスや手直しは自分自身で気付かなかった所等大変ため

になっている。


今後も努力して、自分の字に自信を持てるようにしたいと思っています。(土田俊廣)


22かなと日常の書講座