35 裏千家(午前) 令和2年度


【 定員:20名、 教室:和室、 曜日:1・3水、 時間:午前 】


【講師名】 佃 宗忠 講師 35裏千家午前講師

 

 

【講師プロフィール】昭和42年大学茶道部入部。昭和46年4月裏千家学園茶道部

             専門学校入学(家元で3年間修業)。昭和49年以後、茶道指導に専念、

             修行する。格に裏千家正教授。全国パスト委員。


 

【講座内容】初心者の茶の湯を学び、お稽古する

 初心者のための茶の湯教室ですので、一つ一つの所作を解り易く学び、

 おいしいお茶が点てられるように、心がけています。又、お茶会での

 必要作法も学びます。


 

【必要経費】1ヶ月2,000円くらいです。

 

 

【必要な物等】 袱紗(ふくさ)、懐紙(かいし)、せんす、楊枝

 

 

【講座の現状】 昭和50~60年代より茶道を学ぶ皆様が少なくなり、伝統文化より、

             気軽に学ぶものが多いようです。

             日本の伝統文化茶道を学ぶ心を持ってもらいたいです。


 

【その他 部外活動等】 初釜お茶会(佃宗忠社中行事)一般のお茶会に参加する事も

                     できます。

 

 

【講座生の声】 日々是好日


 茶道とは堅苦しい趣味だと思っていました。

ところが四十年程前、千利休の時代から今日に至る迄なぜ続いて来たのかと興味がわ

き始め、習う事にしました。美しい所作、礼儀、人としての心構え等々奥の深さに驚

かされるばかりで、毎回楽しみに通うようになりました。


しかし、やがて結婚、子育てと茶道を離れた日々になってしまいました。

子供も巣立った今もう一度茶の心を習いたいと思い入講しました。


外界と隔てられた空間に身を置き、若い頃の自分を懐かしく思い出しながら、年相応

の脳に現実を見せられています。優しい先生や先輩に助けて頂きながらこの時を楽し

んでいます。

「日々是好日」今日も心に笑顔で感謝しながらお茶をたてます。(福岡いく子)


35裏千家午前講座