【 定員:20名、 教室:和室、 曜日:1,3水、 時間:午前 】


S-33- 裏千家(3)





 


 

 


 佃 宗忠 講師

 

【講師プロフィール】 昭和42年大学茶道部入部。 昭和46年4月裏千家学園茶道部専門学校入学(家元で3年間修業)。 昭和49年以後、茶道指導に専念、修行する。

資格に裏千家正教授。全国パスト委員。

 

 

【講座内容】 初心者のための茶の湯教室だから、一つ一つの所作を解り易く学び、おいしいお茶が点てられるように、心がけています。又、お茶会での必要作法も学びます。

 

 

【必要経費】1ヶ月2,000円くらいです。

 

【必要な物等】       袱紗(ふくさ)、懐紙(かいし)、せんす、楊枝

 

【講座の現状】 昭和50~60年代より茶道を学ぶ皆様が少なくなり、伝統文化より、気軽に学ぶものが多い

                    ようです。日本の伝統文化茶道を学ぶ心を持ってもらいたいです。

 

【その他 部外活動等】 初釜お茶会(佃宗忠社中行事)一般のお茶会に参加する事もできます。

 

【講座生の声より】 茶道と出会って


 私にとって、生涯無縁と思われた「茶道」に出会って、二年数ヶ月が経ちました。

当初、想像以上に大変で、戸惑いの連続でした。

今でも、手が震える程、緊張する事もめずらしくありません。


 張りつめた雰囲気の中、ときおり、大きな笑い声に包まれたり、和やかに、お茶をいただいています。

会を重ねるごとに、その奥深さ、おもてなしの心を学んでいくうちに、少しずつ魅せられていきました。


又着物を着る機会に、恵まれた事も、新たな喜びとなりました。この、非日常の空間が、私にとって

「至福の時間」と言える様、少しずつ精進していきたいと思います。


S-33- 裏千家(6)