【定員:60名 教室:ホール・曜日:13水・時間:午後】注:下記練習日の項目参照


S-51-コール東部 (3)









 (右)濱崎 晴菜 講師 


 (左)吉田 奈保子先生(ピアノ)

 

【講師プロフィール】


   濱崎先生は、長く伴奏をして下さっていた。大分芸術短期大学声楽科卒業のフレッシュな先生。


   豊かな演奏、明るい笑顔。会員の信頼絶大で、定年で退任された松藤先生の後任として、

      御指導をお願いしています。

 

   新しい伴奏者には同じくフレッシュな吉田先生です。


 


【講座内容】 女声合唱 主として三部(ソプラノ、メゾソプラノ、アルト)に分かれて練習


練習の成果は、・11月に女声合唱フェスティバル(県立劇場)


                   ・年度末、公民館学習発表会で発表します。


 

【練習日】


 ・公民館練習日:1・3水曜日


・ただし、6月頃~11月までは、女声合唱フェスティバル参加に向けて、


公民館練習日以外に、会場(主に、庄口コミュニティーセンター)を確保して、毎週行います。


   


【必要経費】


  ・会費  月額1500円   (偶数月に、3000円集めます)


  ・その他、楽譜代 実費、年2000円程度


・発表会で衣装を合わせる場合も実費



【その他 部外活動等】



【講座生の声】「信じる」こと(歌に寄せて)


 この言葉はわが講座が秋に参加した「女声合唱フェスティバル」で歌った曲のタイトルです。

この曲の中の「信じる」には三つの大事なメッセージが込められています。


一、自分に 二、あなたに 三、未来にと。そこで、その想いを深く理解し、ひとに伝える表現力が問われます。それを完成させるのが合唱の醍醐味と言えましょう。この講座は、歴史も長く平均年齢も高くなっておりますが、H27年度から若いお二人の講師より、若い感覚の合唱法などを懸命にご指導いただいております。


 当講日は先生方に負けず劣らず元気いっぱいです。長く歌い続けられること、これが私たちの三つの「信じる」事だと思うのです。存分に合唱を楽しみたいですね。 (西本清美)


    ☆一人で歌うのもいいけれど、みんなでハモる心地よさは格別!


☆さあ、ご一緒に歌いましょう!



S-51-コール東部 (1)