【 定員:25名、 教室:A室、 曜日:2,4土、 時間:午前 】


54-民謡唄おう会 (2)


 宮本 裕晶 講師 (未撮影)


 

【講師プロフィール】 (公財)日本民謡協会三味線師範教授、民謡真田流教授


                 (公財)日本民謡協会少年少女民謡民舞指導員


 

 

【講座内容】  民謡唄おう会は毎月第2、第4土曜日の午前10時~12時までの

      2時間で、年間20回あります。 


      内容は日本各地の民謡を、先生の三味線の演奏で、発生からおさらい、

      曲、新曲へと練習しています。



 

 

【必要経費】 3か月ごとに3,000円必要です。


 

【必要な物等】 民謡の本


 

【講座の現状】 みなさん楽しく唄を練習しております。


 

【その他 部外活動等】 


 

【講座生の声より】 初めての民謡


 入講の動機が不純でした。結構な年になり、舌の廻りが良くない感じがするようで、大きな声で発声すると良くなるのではと、申込み。甘かったあ!先生の三味線にまるでついて行けない。

 私だけが同じ音。民謡の高い音が出せないのです。見事に低音のまま。カラオケなら低音の魅力と言われるのに。哀れ、我ながら厭きれます。間違ったア。しかし、今更止められない。代表者に推薦されたから。やるしかない。

 毎日、席の後ろから素晴らしい声が聞こえます。聞き惚れます。何より、皆様元気!張りのある声を聴くと、どんな秋田美人かと振り返りたい気持ちを押さえています。でも、元気を貰って一年後には、少しは聴かれるようにと、思う今日この頃です。(柴田紘二)



54-民謡唄おう会 (4)