(H30自治会だより) 

            

ふれあい通信(12号-1)

発行 H31.3.13

vol. 6

文責 新上

 

平 成 30 年 度 事 業 報 告

1 全般

  ホール改修に伴う公民館施設を利用する態勢に各講座ともスムーズに移行し、79講座

を運営することが出来た。公民館・各講座・自治会間の連携・情報の共有に留意し活動

を実施し、発表会を3年振りに再開することが出来た。また公民館のご支援と講座生皆

様のご協力により各事業とも順調に進捗、所期の成果を収めることが出来、地震前の状

況に戻すという今年度の目標を達成することが出来た。以下、平成30年度事業の概要

を報告いたします。


2 会基盤の状況

(1)会勢

    会員 1,342人

(2)役員の交代

年度当初は、役員は4人が退任し新たに2人が就任・重任8人による10人の執行

部体制で出発したが、途中1人が一身上の都合で退任・1人が健康上の理由で休務

され、8人の執行部体制となった。また会計監査は2人が退任し新たに2人が就任

した。


3 主要事業の実施状況

(1)自治会行事

  ア 会議

   (ア)  総会・代表者会議

計5回の代表者会議を開催した。

6月までホールが使用出来なかったため第1回は「くまもと交流会館パレア」で

第2回~第5回は公民館で代表者会議を開催した。必要事項は文書により連携を

図った。

4月22日の第1回代表者会議において、H30年度自治会事業計画・予算の審

議及び役員選出等を審議した。第2~第4回の代表者会議では各事業の実施状況

・懸案事項・お願い事項等を審議した。また第3回代表者会議では役員選出要領

・役員任期を主とする自治会会則の一部改正を審議・可決した。3月3日の第5

回代表者会議はH30年度自治会事業報告・決算報告・H31年度役員改選時の

次期役員候補について審議する。

(イ)  役員会議

      毎月1回の役員会及び随時の各委員会(館外研修旅行委員会・ふれあい文集編集

      委員会・ホームページ運用委員会・ボランティア活動委員会)を開催し、状況の

      把握・計画の推進・懸案事項等の検討等を審議した。

特にホール改修に伴うスムーズな移行と、3年振りとなる発表会の計画見直し・

修正及び早期の準備を図った。

(ウ)  他公民館との交流

2回の市内自治会連合会に参加し懸案事項等について意見交換をした。特に2回

の連合会では自主講座を所掌している生涯学習課の課長をはじめ関係職員の方

と市内16公民館自主講座自治会長が懇談し、市側と各公民館自主講座自治会

が共通の情報・認識を持つことができた。

イ 研修旅行

館外研修旅行を11月19日に実施し、「NHK大河ドラマ「西郷どん」テーマ館を訪ね

て」に 117名の方々が参加した。(昨年より約50名少ない状況)

当日は「西郷どん」ドラマ館・南洲公園・西郷南洲顕彰館等の見学、食事処での昼食・

ショッピング・往復のバスでの語らいと楽しい一日を過ごした。

ウ 広報活動

(ア)ふれあい文集48号の発行

      文集編集委員会で文集の構成・内容について検討、全講座79名の方から「講座生

      の声」を寄稿していただき、3年ぶりに地震前の編纂形態に戻ることが出来た。

編集委員のパソコン入力作業による経費の節約を図り、1月1日発行の運びとなった。

(イ)ふれあい通信

ふれあい通信を計12回発行した。自治会活動・懸案事項等を発信し、講座生との情

報の共有を図った。

(ウ)自治会ホームページ

自治会ホームページを引続き開設し東部公民館自主講座の活動を発信した。講座生

集に備え「講座案内」の内容見直し・更新を実施した。


エ 館外活動

(ア)「熊本城ふれあいフェスティバル」参加

  熊本城改修工事のため「熊本城ふれあいフェスティバル」開催中止

(イ)ボランティア活動

      切り絵入門・楽しい新舞踊の2講座が3施設で延べ7回実施した。

       


2019年05月02日更新